« N-04C MEDIAS買ったよ! | トップページ | FiewFox4が調子悪い »

docomo Androidスマートフォン 『N-04C MEDIAS ホワイト』レビュー

Medias01

あまりの薄さと未来チックなデザインに惹かれてNECのMEDIASを買っちゃいましたのでレビューしたいと思います!ちなみにホーム画面がPSPみたいになってますが気にしないでくださいw

Medias02_2


まずはなんといってもこのデザイン!円弧上のメタルフレームがなんとも言えない近未来感を演出してます!縦長のバーのようなデザインがまたいい!MEDIASは電源オフ状態がたまらなくカッコいいのです!

というのも液晶部分が長く見えるからw実際は4.0インチフルワイドVGAで解像度が480*854という一般的なワイドサイズの液晶なんだけど額縁部分が周囲のメタリックな円弧部分と重なってあたかもメタル部分まで液晶が広がっているかのようにみえるのです!それが電源オフ時の魅力となっています!

Medias03

そしてMEDIASを語る上で最も特徴的な薄さ!なんと7.7mmとiPodTouch(4Gen)並の超極薄サイズ!実際に持ってみると背面部のくぼみがある分、さらに薄く感じます!正面からみるとカードみたいな携帯に見えます!

この薄型端末の中にワンセグ、おサイフケータイ、赤外線ポートと最新のandroidスマートフォンとしての性能を持ち合わせているというこの絶妙なバランスがまたたまらなくよいのです!

Medias04

白好きな私なので当然ホワイトを購入。背面は普通のプラスチックのパールホワイトカラー。前面と比べると背面の質感はちょっとチープな印象を受けてしまうのは日本企業の携帯らしい感が伺えます。もう少し背面の質感にも配慮してほしいかな。でも他のandroid端末と比べてすっきりとしていてカメラ部もそんなに自己主張していないところが良いと思うです!逆に言えばこのプラスチックフレームのおかげで重量105gという軽量化に繋がっているという利点があるのではないかと思います。

Medias05

せっかくなので比較対象にされやすいiPhone4との比較。幅はほぼ同じぐらいで長さは液晶の比率もあってMEDIASの方が長い印象です。この長さが私的には好きなポイントなわけです。

Medias06

側面は見ての通り1mmほど薄いのがわかると思います。背面がへこんでいる分さらに実際に持った感覚は薄く感じられますよ〜。

Medias07

それでは詳細部のレビューに入りますね。ワンセグ用アンテナは上部に一見分からないように収納されています。ちょうど先端部がカバーになっているのでデザインを損なっていないところが実に良いです。アンテナの長さは約5cmです。

Medias04_3

iPhoneとの兼ね合いもあって今回は白ロム購入したのですが、SIMカードなしでもほぼ問題なく使えると言ってもいいです。ワンセグもこの通り普通に視聴可能ですし、androidアプリもWiFiでネットワークさえ確保すれば問題なく使用可能です。

あと、私の使ってる地デジレコーダ『DIGA BW-850』のワンセグ持ち出し機能にも対応していて、SDカードに移して視聴できました!撮りためたアニメとか消化できるです!

Medias08

本体下部にはandroidスマートフォンの特徴とも言えるメニューボタン、ホームボタン、戻るボタンが並んでいます。このヘアラインの入ったアルミの質感がまたいい!!電源ON時にはバックライトが光り、アイコンが浮き出て見えます。このボタン、少し強めに押さないと反応しないので実際に使ってみると少し使いにくく感じます。MEDIASのロゴもおしゃれでいい感じ。

あと、忘れちゃいけないのがストラップホール。日本製なので当然ストラップホールもありますです!でも、出来れば左上にしてほしかったな〜っていう残念感もちょっとあり。逆さ吊りになるので少し不格好な印象も。

Medias09

こちらは本体上部。左側は電源ボタンです。右側にはワンセグ用アンテナが収納されています。また左側面には音声調整用ボタン大と小があります。金属製でなかなかおしゃれな感じ

Medias17

上部の真ん中にはUSB接続、充電、ヘッドホン端子用のマイクロUSB端子があります。実はMEDIASではヘッドホンを指す時に変換ケーブルをかまさないといけないのです!音楽をよく聞く人にはちょっとデメリットとなる部分かと思います。コンパクトなタイプの変換アダプタを出してほしいところ。

Medias10

それではマイクロUSB端子の3変化を見てみましょう!まずは充電。docomo標準の電源アダプタ端子に変換します。ちなみにアダプタは別売なのでご注意を。

Medias11

次にPC接続用USB端子。これはストレートにUSBとつながり充電も出来ます。充電については電力量の関係か一部携帯用予備バッテリで充電出来ないことがあります。(私が持ってたのがダメだった)その場合、予備バッテリにdocomo変換用プラグがあれば先のケーブル経由で充電可能です。

Medias12次に一番使うであろう、ヘッドホン端子。これがまた不便きわまりない。どうにかならなかったのだろうかと思ってしまいます。小さめの変換プラグとか出てくると良いなと思います。(もしかしたらもうある?)

Medias13

本体背面のカメラは500万画素。iPhone4と同じぐらいです。HD動画も撮影可能!フラッシュがついてるので暗いところでも撮影できます。画質はまぁそこそこっていう感じで良くもなく逆に使えなくもないって感じです。

Medias15

本体背面部の電池カバーをはずすとバッテリがあります。フルにつかい切るまで時間を測ったことはないけど使いまくって大体3、4時間ぐらいっていうイメージです。バリバリ使う人は予備のバッテリとかを容易しておいた方が良いと思います。


Medias14

バッテリをはずすとSIMカード、マイクロSDカードがあります。特にマイクロSDカードを頻繁に出し入れすることはないと思うのでこの辺はそれほど問題ないと思います。マイクロSDカードは試供品で8GBが最初から入ってます。

といった感じで外面についての使用感はこんな感じです。

次は内面的な使用感を。まず、液晶。いつも私は光量を最大にしないと気が済まない派なのですが光量を最大にするとちょっと白飛びしたような感じの色合いになりますので最初は慣れませんでしたが使っているうちになれましたです。

動作速度は私がiPhone使いなので偏見でAndroidはもっさりだと思ってたのですが、実際は結構スムーズです。

Dolfin_2

ブラウザはちょっともたつく感じ。特にズームする時にもたつき感を感じます。あと、使いやすいブラウザを見つけるまでがなかなか一苦労。『Dolphin Browser HD』ってアプリがタブ表示とかフルスクリーン表示とか出来て今のところ使いやすいかなって思ってます。ブックマークが階層化できないところがちょっと不便。

Android用FireFoxも入れてみたんだけどFlashが見れないというのが非常に残念なところ。そういえば、AndroidはFlashが見れるところも利点ですよね。iPhoneだとゲーム関連の公式ホームページが見れないのでこの点は嬉しいです。

Taskxp

AndroidはiPhoneと比べて真のマルチタスクなので不要なタスクはちゃんと終了しておくことが重要になってくるのでタスク管理ソフトが重要になってきます。私的に気に入ったのが、『TaskXP』というフリーソフト。今起動しているアプリの一覧からチェックしたものだけまとめて終了出来て便利です。

今回iPhoneからAndroidを購入したので初androidな訳ですが、androidはなんと言っても自由度が高いのがマニア的には楽しい!かつてのPalmOSのようになんでもカスタマイズできちゃいます!

Mydesktop

特に楽しいのがホーム画面自体を自由にホーム画面アプリで置き換えれちゃうのとライブ壁紙とウィジェットが楽しい!!それで最初の写真のネタに戻るのですが『ADW』というアプリと『Water Wave』というライブ壁紙、『ADW.Elegant』というテーマでPSPみたいな画面にしちゃいました!こういう自由度の高さがiPhoneとはまた違ったマニア的な楽しさだな〜って思います。

そしてWindowsのようにフリーウェアが多いところもAndroidのいいところ!ほとんどフリーウェアで済ませられちゃうので有料アプリをまだ買ったことがないのです。あとスーファミのエミュレータとか普通にマーケットにあったりするのはどうなの?ってぐらい自由?な世界になってます。

Medias16

今回MEDIASをAndroidアプリ開発用の実機テスト用として購入したので開発視点での感想も。まずMacBookAirにMEDIASをUSB経由で挿すとそのままEclipseで認識して実機テストが可能です!これはすごく嬉しい!

Eclipse

iPhoneの場合、実機テストするにはデベロッパ契約しないといけない、Macでないと開発出来ないという制約がある分、AndroidはMacでもWindowsでも開発出来て制約もない普通にホームページでもapkファイルで配布可能と広く門戸が開かれる点がいいと思います。何か出来たらここで公開してみるのもいいかなって思います。

で、逆にデメリットとなるであろう点は自由すぎるのでファミコンエミュレータの件のように逆に無法状態になってしまっている点。マーケットの課金制度等の整備がiPhoneと比べるとまだ遅れていたのでフリーウェアがあたりまえみたいになっちゃってて有料アプリが販売しづらいこと。

アプリ関係はやっぱりiPhoneの方が洗練されてるかなって思います。でもDropBoxとか結構iPhoneと同じアプリとかありますです〜。ウィジェットとかライブ壁紙やホーム画面置き換えとかはiPhoneに無い機能なのですごく興味があります!

iPhoneにはiPhoneのAndroidにはAndroidのいいところがあるのでその両方を見極めた上で使っていくのがいいのかなって思います。

っといった感じでちょっと横道にそれましたがMEDIASのレビューとさせて頂きたいと思います。

いろいろと辛口で不満点も書きましたがデザインがすごく気に入っててお気に入りなので持ってて楽しい端末だと思います!気に入った人は不満点も受け入れた上で是非、docomoショップで実機触ってみてくださいね。きっと気に入ると思います!

« N-04C MEDIAS買ったよ! | トップページ | FiewFox4が調子悪い »

Android」カテゴリの記事

お気に入りデザイン」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

レビュー記事」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

>>BlackBerryさん
iPhoneと比べるとやっぱりiPhoneの方が快適ですしアプリも成熟されてますよ。Windows的なとにかくいろいろ設定したい苦労してもいいからフリーウェアで全部済ませたいっていうマニア気質な人だったらandroidもいいかなって思います。あと、Flashやワンセグ、おサイフケータイ、赤外線等、が使えるかも分かれどころかな。

iPhoneは不自由な分、誰でも簡単に操作できるしアプリも審査があるからしっかりしてるから迷わなくていい、androidは自由だからいろいろ選択肢が多いけどアプリの質も自由、全て自己責任っていう感じです。

あと、一般受け狙うならiPhoneかな。最近はほんと普通の人でも使うようになってきましたし。逆にマニア受け狙うならandroidかな。

どちらも一長一短なので自分がどちらに重点を置くかによって変わってくると思うのでその辺意識して考えてみるといいと思います。

MEDIASカッコいいので気に入ってます!

このスマートフォン、いい感じですね。格好いいです。
僕はほしいんですよ。iphoneと比べて、どうでしょうか。

すてきなブログですね。
とてもおもしろいです。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137176/51302460

この記事へのトラックバック一覧です: docomo Androidスマートフォン 『N-04C MEDIAS ホワイト』レビュー:

« N-04C MEDIAS買ったよ! | トップページ | FiewFox4が調子悪い »

フォト

ブログ内カテゴリー

Amazon

気になる商品

  • 氷菓OVA11.5話
  • XBox360限定ホワイトカラー
  • 3DSLL充電台
  • TOX2
  • けいおん
  • ブレイブリーデフォルト
  • Mac book Pro Retina
  • Macbook Pro Retina
  • EP-804AWホワイト
  • New iPad 16GB ブラック
  • New iPad 32GB ブラック
  • New iPad 64GB ブラック
  • New iPad 16GB ホワイト
  • New iPad 32GB ホワイト
  • New iPad ホワイト64GB
  • 映画けいおん!
  • FE覚醒
  • アルティメットまどか
  • PS Vitaホワイト
  • DEAD OR ALIVE 5
  • 初音ミク -Project DIVA- f アクセサリーセット
  • すーぱーそに子 グラビアVer
  • マブラヴ オルタ イーニァ
  • 初音ミクProject Diva f
  • iOS5プログラミングブック
  • Gジェネオーバーワールド
  • 猫と椅子(アリスVer)
  • GALAXY Note純正フリップカバー
  • 3DSLLシルバー
  • 3DSLLレッド
  • 3DSLLホワイト
無料ブログはココログ

バナー

  • すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています